Skip to content
2013年7月26日 / INASENA SUZUKI

属性取得の順番を変えただけでCVR2割アップ!?

良質なユーザーの大量獲得を日々追求する、グロースハッカー(?)の鈴木です。

属性取得の順番を変えることにより、CVRを約2割改善することが出来ました。
以下簡単ですが、改修の内容です。

jogo

▼背景と仮説

今まではLPの次のページにフォームページを設置していました。
このフォームページ、記入項目が15個と多いせいか、遷移率が56%と
なっており、最大のボトルネックとなっていました。

そこで、最初はメアドだけ取得して、徐々にハードルを上げていく形の方が抵抗が少なく、
最終CVRが上がるのではという仮説を立てました。

▼実際の遷移

<修正前>
LP⇒フォーム1(15項目)⇒フォーム2(10項目)⇒本人確認メール⇒…

<修正後>
LP⇒本人確認メール⇒フォーム1(13項目)⇒フォーム2(10項目)⇒…

※修正後のフォーム1の属性数が減っているのはメアドと、メアド確認の項目が無くなったため

▼結果

Google Analiticsの目標到達プロセス機能で、期間を区切ってCVR比較をしてみると
4%の改善が見られました。

GA数字はあくまで大まかなトレンドなので、
該当期間のメディア内訳や、他ツール、DBなどの数字を合わせてみてみると
実質的にはCVRの改善率は120%となっていました。

▼次のアクション

「徐々にハードルを高くする」作戦が成功したので、次はフォーム1の13項目のうち
いくつかをフォーム2へ移し替えようと準備しています。

結果が出ましたら、またこの場で共有させていただきます。
ありがとうございました。

※一部内容に誤解を招きやすい表記がありましたので修正させていただきました(7/26 17:28)

2件のコメント

コメントする
  1. satojun (@stj064) / 7月 26 2013 4:07 PM

    LP自体に変更を加えていないのであれば、LPを通過してからのCVRで比較しないと、手順を入れ替えた影響だけの比較はできないのではないでしょうか?上のデータだと、LP通過率がそのままCVRに影響しているように見えます。

    LPを通過した人だけに限って最終的なCVRを出すと、44.0%⇒45.9%となり、誤差の範囲かなと思いました。

    実験環境のミスリーディングだったらすみません。

    • 鈴木悠介 / 7月 26 2013 5:15 PM

      コメントありがとうございます!

      仰る通りLPから次ページへの遷移率は含めない方が正確な数字となりますね。
      GAカウントでは改善率4%ほどとなります。

      ただGA以外のツールや実獲得数は2割程度上がっています。
      GAの数字は大まかな概要把握のために載せたつもりですが、誤解されそうですね。

      早急に改めます。
      ご指摘ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。